NPO法人いんふぁんとroomさくらんぼ

お知らせ一覧
2015年01月

ベビーroom 乳幼児救急法 講習会

日々、成長が著しい元気いっぱいの子ども達。色々な物に興味津々、大人の想定をはるかに越えるような行動をとってきたりしますよね~動きが活発になり始めるベビーroomのお友だちだからなおさら、ヒヤリ!とした経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 今回は、家庭や子どもが生活する場においての事故や怪我に心得ておくべき事・対処法・心臓マッサージの実践など、講師にキャリア・ステーションの保宗さんをお迎えして、学んで頂きました。 鼻血が出た場合、鼻に脱脂綿を詰めて…ではなく、「下を向かせ、鼻をつまんでおでこを冷やす」など、今までの間違った認識も再確認でき、 10kgの子の血液量は約900mlで、1/3無くなれば危険な状態。1/2となれば、亡くなってしまう。 などびっくりするような事実に 改めて安全な生活を心がける意識を持ちました。 成人・小児・乳児のダミー人形での心臓マッサージやAEDの実践も、救急法の講習を何度か受けていても、実際の場面になったら、迷わず怖がらずにできるんだろうか~と不安はありますね。 心停止が起こった場合、10分以上経つと蘇生が不可能となってしまいます。目の前で子どもが倒れたら、救急車を待たずに一刻も速い心肺蘇生が必要だということでした。自分ひとりの時は、子どもにはまず2分間 119番する前に心肺蘇生をしてくださいとのこと。 いざという時の子ども達の命を守れるのは、自分達なんだ! と真剣に学んだ講習会でした。 <ベビーroom午前クラス> <ベビーroom午後クラス>  
 2015.01.30 16:38